支援や相談役となる|心が弾むピアノレッスンは此方から|子供から大人まで

心が弾むピアノレッスンは此方から|子供から大人まで

ウーマン

支援や相談役となる

大学生

幅広いステージがある

社会福祉施設では高齢者や障害者の支援、行政機関では児童相談など、福祉関連の各分野をまとめるリーダー的存在として、新潟全体で注目されるのが社会福祉士です。新潟の行政から民間企業まで、ニーズが拡大しているのが特徴です。社会福祉士の専門知識は近年、新潟でも増加傾向にある在宅援助の相談員としても求められています。担い手が徐々に増えていることにより、様々な相談援助が支持されています。例えば、グループの力を利用することで社会的目標とした援助が行えたり、リハビリテーション的モデルとして治療計画に基づいてグループを構成した援助までが担えます。ケースワーカーや相談員としての人気もある中、ケースワークと似た個人を対象とした援助だけではなく、集団を対象とした知識を活かせるのも評価され、人気の職です。

高齢者から児童にも携える

新潟にも大学はもちろん、一般養成施設などにおいて社会福祉士の資格を取得する受講生は増えています。新潟では求人も途切れることなく、学んだ知識をしっかり活かせるのも魅力です。保健・医療・教育機関での活躍は人気度が高いものの、児童福祉に関しても県全体で支援を広げています。福祉の理念や法制度の知識は有資格者の場合には、知識としてすでに吸収していますが、児童と家庭をめぐる諸問題までも理解することが求められています。専門的な学びをプラスすることにより、例えば、母子保健・非行・障害児福祉などに携わる際にも役立てることが可能です。新潟のみならず、全国また世界規模で児童虐待などに重点を置く必要が挙げられています。その実態や対応を社会福祉士として学ぶことで、受け入れて支援できるスキルアップに繋がります。また、社会福祉士を目指す方はその養成を行っている専門学校に通うのがおすすめです。社会福祉士として基本的な知識を蓄えることができる一方で、実践的な技術を学ぶことができるので、在学中に様々な力を身につけることができます。また、専門学校には同じく社会福祉士を目指している仲間と出会うことができます。彼らと切磋琢磨して勉強することで、高いモチベーションを維持できるでしょう。